葬儀の準備でお坊さんの派遣も頼んだ

ネットセキュリティの対策にまつわる新技術に想いを馳せていたところ、
葬儀に参列するようにと要請されました。
大慌てで衣装を新調していると、葬儀でお坊さん派遣する必要があるけれども
代行してほしい旨の連絡が喪主から入ります。
お坊さん派遣で調査を開始したら、電子計算機を経由することによって
実現できるサービスを発見しました。
発注者の情報を入力していると、通信が暗号化される方式が採用されていることに気付き
セキュリティの意識を高めるお坊さん派遣を大事にしている事実を知ります。
ネットセキュリティは、葬儀でお坊さん派遣する折にも重視されているのが
今日のセキュリティの意識を高める取り組みです。
葬儀が終わったころには、ネットセキュリティの知識が一つ増えました。

セキュリティを高めるために千葉のリフォーム会社に依頼

普段の生活の中で不安になることの一つに、住まいの防犯対策になります。
閑静な住宅街でも何が起きるかわからない昨今では、
防犯対策なしでは安心して生活をすることができません。
そのためにもセキュリティを強化することが大切になりますが、
インターネットに防犯カメラなどを接続してネットセキュリティとしてより安全に対策できるようにすることも大切です。
セキュリティを強化するには防犯カメラなどで対策をすることも大切ですが、
家の中の弱い部分をなくすためにリフォームをすることも一つの選択肢になります。
安全な生活を送るためにもセキュリティの意識を高めることも重要なため、
千葉のリフォーム会社に依頼をして造りをしっかりしたものに造りかえ、
ネットセキュリティを導入することも大切なことになります。

携帯買取をしてもらったけどデータとか大丈夫だよね

使い古した携帯電話でも白ロムといって一定の需要があります。
とくに、人気のある機種ではそれだけ求める人の人数も多いため、
携帯買取においても高値がつきやすいといえるでしょう。
店舗によっても違いますので、事前にリサーチをすることが、高値で売却をするポイントになります。
ただ、業者の中にはデーターの初期化をチェックしない場合もありますから、
しっかりと自分で初期化を行うようにしましょう。
ネットセキュリティ的にいえば、きちんとスマートフォンを初期化して、
SDカードやSIMカードなどを取り出し、
念の為にデーターを読み取れなくするためのアプリを使うとさらに安心です。
誰が手にするかわからない携帯電話ですから、万全の対策が必須なのです。

施工図などの重要書類のセキュリティ

施工図などの重要な書類を外部に見せる事無く、外部に漏れないようにしたい場合には、
保存しているサーバやパソコンのセキュリティを向上させる必要があります。
セキュリティを向上させる手段としては、企業の従業員がUSBメモリでデータを持ち出さないようにする
といったルール作りを徹底させたり、アンチウィルスソフトウェアの導入
といった基本的な対策を行っておく事、バックアップを行ってデータが消えないようにする事
などの方法を行っておくのが良いでしょう。
セキュリティで最も問題になるのは、コンピュータープログラムでの防御に関する事では無く、それを使う人間です。
データを持ち出さない、他のメディアに不用意に記録しないといった事を行うだけでもセキュリティは向上します。

看板のデザインで「ん?」と思うことは

オリンピックエンブレム問題でパクリ疑惑というか、
パクリを探せみたいな風潮がありますが、
そもそもシンプルなデザインになると何かしら意図せず似てしまうということはあるとは思います。
まあ、わざと真似している場合もありますし、
オマージュやらなんやらといわれると何でもありだな~と思ってしまいます。
さて最近ネットで見かける看板のデザインで「ん?」と思うのは
「私の年収安すぎ?」系のジャンルができているみたい?
同じ人が作ってるわけではないですよね。

漏水で困ってるって話してた所で、手伝ってのセリフも違和感がなかったのです

ついに私のスマホにも「手伝ってくれませんか」のLINEが流れてきた。
友人の名前で送信されてきたメッセージ、先日家の排水管から漏水していると話していたから、
水道屋である私に頼らないといけない事態なのかと気付かずに返事をしていたのだけど、
私の返信に対して帰ってくるメッセージが何だかおかしい。
もしかして…!!これが噂の…!と、まるで有名人にあった時みたいにドキドキしてしまったのですが、
友人のLINEが乗っ取られている訳で、良く考えなくても怖い。
乗っ取りってどうやったら防げるのでしょう。

治験薬概要書のセキュリティレベル

最近、特に注目されている「医療翻訳」の仕事。
専門分野であるため報酬率も高く、資格取得を目指す人が多いようです。
その中でも「治療薬概要書」のセキュリティレベルについての話を取り上げたいと思います。
「治験薬概要書(investigator’s brochure, IB」とは薬の治験の過程で作成される極めて重要な文書です。
治験薬についての臨床(および非臨床)のまとめで、被験者の臨床的管理に必要な情報の提供を意味しています。
この時点でセキュリティレベルが想像できます。

樹木医って世間的にはあまり知られていない資格ですよね。

伯父が会社のパソコンを新調したのですが、パソコンに詳しい人が不在にしてるらしく
「ネットワークのセキュリティ設定とか訳がわからん!」と電話があって、
手伝いに行ってきました。
伯父の会社は造園業なのですが、樹木医の資格取得を目指して勉強しているという方が居ました。
樹木医という資格自体を知らなかったのですけど、
資格試験を受ける前に7年間の実務経験が必要なのだそうです。
今は伯父の会社で仕事しながら勉強しているのですが、
専門の学校等がないと言う事で独学での資格取得というから大変です。

井之頭病院にいた営業マンはさすがに知らない方でしたけど、仕事柄病院関係のお仕事をしている方と良く知り合います。

先日母と井之頭病院に行った時、待合室で営業マンらしき方を見かけて、
総合病院向けに電子カルテ等のシステムを提供している会社の方と
お話した時の事を思い出しました。
病院には私たちの身近で大切な個人情報が集まるので、
セキュリティ問題は切っても切り離せない重要なものだとか。
セキュリティソフトの導入や職員への指導など、
出来得る事を適切に行っていたとしても、
やっぱり最後は個人個人の意識の問題なのだと仰っていました。

おすすめベッドに寝転がってのテレビ観賞は最高です!!

CATVを視聴するようになって、タブレットを多用する様になりました。
タブレットのおかげでテレビの無かった寝室でも番組視聴が可能になったので、
最近購入した妻のおすすめベッドで寝転がりながら野球中継を楽しんでいます。
どこでもテレビが見られるというのは、思っている以上に便利です。
そこで気になっているのはネットセキュリティの事。
同じネットワークに繋がっている機器なのですから、
パソコン同様しっかりとした防犯意識を持ちたいものです。

テレビ台を通販で購入した主婦の情報価値。

コンスタントに巷を賑わす情報漏洩事件。
大手教材会社の会員情報漏れは記憶に新しい方も多いと思います。
情報化社会の分だけ情報の価値も高いと言えます。
例えば通販会社を例にとって、テレビ台を通販で購入した主婦がいるとします。
この主婦は「すでにテレビと録画機器を購入していて、テレビ台を購入するほどに
AV機器関連に興味と関心がある可能性があります。
そして通販という販売経路にも抵抗が少ない」という情報がこれだけでわかります。
こんな情報が何万とあれば、それに向けたピンポイントな商売が可能という訳です。
それだけならまだしも今時は犯罪に使われる事も珍しくありません。
セキュリティの意識を持つという事は、身の安全に直結する重要な事項なんです。

カラコンの通販サイトの広告が。

いとこから緊急のLINE。
何かと思って電話してみるとどうやらウィルスに感染したらしいと!
カラコンの通販サイトを見ていると興味のある広告バナーがあったので押してみたらしいんですが、
何か英語版のアプリ的なものをダウンロードしてしまったらしく。
それからメールがたくさんくるので解除しようとログインしたところ、
それから「iphoneが当選しました」的な広告がひたすらブラウザに表示されるようになったようです。
むやみにダウンロードとかしてはダメですね。。。
今から解除方法を探ってみます。

川崎の注文住宅世帯にもセキュリティ意識を

川崎の注文住宅でネットワークセキュリティに関する講習を受けてきました。
スマホやタブレットでインターネットが身近になってくるにつれ、
ネットワーク犯罪が多様化しています。
気軽で簡単にネットワークにアクセスできるようになったからこそ、
そもそもの防犯の意味もわからずにネットワークを利用して、
個人情報が犯罪者に利用されてしまうという状況が増えているように思います。
身近でできることから防犯意識を高めたいものです。

ギター教室から渋谷駅まで、数えたら7つの公共ネットワークがありました。

友達の引っ越し先は無料でネットにつなげるというのが売りなのですが、
wifiにパスワードが掛かっていないらしいのです。
私はあまりセキュリティには詳しくないのですが、
パスワードが掛かっていないというのは少し不安かもしれません。
そういえばギター教室や渋谷の街中でも公共のwifiネットワークがたくさんありました。
今まで特段気にせずに利用していたけれど、
これを機にすこしネットワーク関係のセキュリティを勉強してみようかな。

武蔵小杉の賃貸マンション

友人が引っ越し予定の武蔵小杉の賃貸マンションはネット無料だそうで、
友人が「ネットセキュリティはどうすればいいんだろう…」と心配して相談してきました。
私が提案したのはルータを活用すること、
市販の総合セキュリティーソフトを導入することですかね。
ルータは自分のアドレスを仮想アドレスに変える役割があるため、
外部の攻撃から身を守ることが可能です。
無線LANの場合はルータにパスワードをかけることを忘れずに。

サーフィンの初心者が探すのは

コンプレックス商品というのは「どこまでその商品に頼るのか、
自分でどこまで進めるか」が大事だと言います。
すべてをコンプレックス商品に頼るのではなく、
あくまでもサポートという意味で使用することが良いのでしょうね。
そのコメントにドキッとしました(笑)。
ところで初心者というのはとかくコンプレックスを刺激されやすいです。
例えばサーフィンの初心者は「上手くなるスクールや道具」を紹介したサイトを探すことが
多いのではないでしょうか。

電話占いが当たるという話

最近フェイスブックで特に個人情報の一部を入力すると、
占いや心理クイズなどができる場合が多いですね。
その後はその関連の広告がタイムライン上に激増します。
わかっているのについみんながやっているから…とクリックしてしまい
後悔する人も多いのでは?
あと占いでも無料のものは一度空メールを送るものが多く、
続きが読みたくて課金してしまうこともあるようです。
それよりも直接電話して占ってもらえる電話占いが当たると聞きますし
トラブルも少なそうです。

便利屋的扱い!?ネット環境からスマホ設定まで。

知人はメカ音痴なので、自宅へのPC導入時からスマホの設定まで、
ネットセキュリティに関しては便利屋並みに頼られております(笑)
スマホをiPhone からAndroidの買い替えを行ったので
設定を見て欲しいと言われたので見てきました。
AndroidはiPhoneに比べ比較的自由にアプリを配布出来、
不正アプリも多いのでセキュリティに関してはきちんとソフトを入れ、
不用意にアプリをダウンロードしないように言っておきました。
最近はスマホ経由でのネット犯罪が多いので最低限の予防は自分でしないといけませんね。

交通事故を専門に扱うセキュリティネット?

当ブログはネットセキュリティについてですが、
先日ネットサーフィンをしていると「交通事故セキュリティ」なるブログにたどり着きました。
交通事故を専門に扱うブログのようです。
残念ながらまだ構築途中のようでした。
セキュリティといえば今はコンピューター系を思い浮かべがちですが
ホームセキュリティ、国家セキュリティ、資産セキュリティ、「害からの保護」ですからね。
自転車事故などの交通事故が増えているので、
この手のセキュリティサービスはこれから大きくなるかもしれませんね。